旦那が途上国に転勤になったときってさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
worldbike_top
1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:09:25 ID:w4q
妻子ってついていくもんなの?

2: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:10:07 ID:o66
いいえ

 

3: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:10:12 ID:gfV
うん。達者でね~

 

4: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:10:40 ID:7Q3
帝国のするまで帰ってくるなよ

 

5: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:11:04 ID:Ji1
行ったり行かなかったり。
子供が居ないと行くって場合も結構有ったよー

 

6: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:11:36 ID:l48
海外転勤とかいっても
大抵はそういうきったない国ばかりに
異動になるという糞みたいな日本企業ばかり

 

7: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:11:46 ID:lbD
欧米ならワクワクな訳…

 

8: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:11:58 ID:LNb
現 地 妻

 

9: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:12:00 ID:Ucc
日本が一番

 

10: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:12:09 ID:iW9
レイプ待ったなし

 

11: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:12:33 ID:ij3
普通は単身だよな

 

12: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:12:46 ID:w4q
やっぱ単身が多いのか

 

13: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:13:15 ID:ij3
妻はともかく子の教育があるからなぁ

 

14: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:13:31 ID:l48
途上国にわざわざついていくメリットが何もないじゃん

 

>>14
日本で賃貸にすんでるならひとつに固まったほうが安く上がりそう
あとだんなさん一人じゃ寂しい

>>18
俺はどこにも行かないよ

 

>>20
なんだホモカップルか

 

15: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:13:59 ID:Ucc
1の旦那どこいくん?

 

>>15
ごめん おれ男

 

>>16
なんだおっさんかあ
んでどこへ遺訓大?

 

>>18
なんか嫌な大学だな…

 

>>16
嫁と子供は何歳?

 

17: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:14:30 ID:Ji1
アフリカの西海岸だと予想

 

21: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:17:24 ID:xny
専業なら来てくれてもいい気がする

 

22: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:17:25 ID:kyy
途上国でも東南アジアとかなら住めると思うぞ
アフリカはちょっと無理

 

24: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:19:27 ID:AY0
子供が労せずバイリンガルになるばかりでなく体力もつくやん
教育の面から考えてもついて行く方がいいと思うのだが

 

25: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:20:17 ID:8lM
単身赴任パターンか?

 

26: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:23:08 ID:GZG
途上国で日本レベルの教育受けられないよ

 

>>26
これだな
結局専業か単身赴任は避けられんわな

 

29: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:28:45 ID:ij3
まあアジアなら日本人学校もあるだろうけどな

 

30: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:29:14 ID:40s
コンドーム山ほど買っとかないとエイズになるぞ

 

31: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:30:31 ID:e5w
何が一番怖いって治安だよね

 

32: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:32:13 ID:WDU
日本人学校は無いのか?

 

33: 名無しさん@おーぷん 2015/08/23(日)19:33:30 ID:D9Q
会社の事前教育でそれとなく決まってるだろ

 

34: 弁当 コンベアー勝丼◆3fhwlMvhs2 2015/08/23(日)19:34:34 ID:XBa
さすがに子供が

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー